NFC迷子札の使い方 iPhone版 書き込み応用編

迷子サポートをスムーズにご利用いただくための方法

スマホアプリ「NFC for iPhone」での操作手順です。
1つのNFCタグへ複数タイプの書き込みができます。「Text」タイプと「Weblink」タイプを別々に書き込むことでWebサイトへスムーズにアクセスします。
「Text」タイプ「Weblink」タイプの合計137バイトまで入力できます。

NFCへの書き込み

1.「NFC Writer」画面の「+」をタップします。

2.「Text」をタップします。

3.テキストを入力しました。

4.再度「NFC Writer」画面の「+」をタップし、「Weblink」を選択します。

5.迷子サポートのURLを入力し、保存します。迷子サポートURLは「https://ppn.jp/?t=XXXX」です。XXXXにはご利用頂いている迷子札のペットIDが入ります。

6.TextとWeblinkの入力が完了しました。右側の緑色のチェックをそれぞれ付けてNFCに書き込みをします。

7.書き込みをしたNFCを読み取ると、TextとWeblinkがそれぞれ読み込まれます。Weblinkをタップすることで迷子サポートサイトへジャンプします。

書き込み順序

TextとWeblinkを併用するには書き込む順番にコツがあります。Textを先に書き込みして、次にWeblinkを書き込みます。逆の順番に書き込みをするとAndoroidで読み取ったときにTextが表示されません。

バックグラウンド読み取り

iPhoneX以上ではNFCのバックグラウンド読み取りに対応しているため、Weblink形式で書き込みをするとNFCアプリを開かなくてもリンクの読み取りができます。
iPhoneのロックを解除してNFCにかざすだけです。

ロックを解除してNFCにかざすだけでWeblinkの読み取り可能